生理痛によい漢方薬Q&A

毎月のことだけに身に応える「生理痛」症状を改善して痛みからの解放を
毎月、生理痛がひどくて仕事に支障をきたす人も多いと思います。痛みを緩和して、生理中も快適に過ごすために効果的な漢方薬についてご説明しましょう。
Q:01
Q:生理の前から生理痛が始まります
私は生理の前から生理痛が始まります。かなり強い痛みで仕事に行くのもつらく、寝込んでしまうことも。この痛みを改善するお薬があったら教えてください。

A:血液循環不良タイプの生理痛には『桂枝茯苓丸』
妊娠、出産という役目を担う女性にとって、生理は体の健康状態の影響を最も強く受けるデリケートな機能のひとつといえます。個人差と程度差はあっても、生理痛はほとんどの女性が経験する症状であり、特に子宮の発育が充分でない若い世代に生理痛が多いといわれています。悩んでいる本人にとってはつらい生理痛ですが、病気とみなされないことが多いため、あきらめている人が大半のようです。それだけに生理痛は、漢方療法を試みるよい機会となるでしょう。

現代医学の場合、一般的には鎮痛剤の治療が中心となります。ところが生理痛の悩みは痛みだけでなく、イライラ、吐き気、お腹の膨満感などを伴うことも多く、対症治療法的な鎮痛剤では症状が充分にとりきれないという不満が残ります。
漢方では、生理痛を引き起こしている原因を探って治療します。人間の体の中には、気・血というエネルギー・栄養物質が流れ、体に栄養を与えて生命活動を支えています。生理の働きも子宮に栄養が充分に行き渡ってこそ正常に機能するわけです。ところが何かの原因で栄養が行かなくなると、生理血の排出に支障が出てきます。これが生理痛です。

子宮に栄養が行かなくなる原因のひとつが“血液の循環が悪い”ために起こる生理痛で、ご質問の症状に当ります。栄養物質は充分に持っていても、栄養物質の流れが阻害され、子宮までスムーズに行き渡らないのです。その原因には、血液の流れを停滞させるストレスや冷えなどがあげられます。このタイプの生理痛は生理の前から痛みが始まることが特徴で、キュッと刺すような強い痛みがあります。また随伴症状として、顔色や唇の色が暗紫色であること、冷えのぼせがある、アザやシミができやすい、などを目安にするとよいでしょう。治療には体内の血液の流れを改善する『桂枝茯苓丸』を用います。

Q:02
Q:普段から貧血気味で、生理の後半にシクシクと痛みます
妹の生理痛は私とは逆に、生理の後半にシクシクと痛むそうです。普段から貧血気味で青白い顔色をしていますが、妹に効果的な漢方薬はありますか?

A:栄養不足タイプは『当帰芍薬散』
妹さんの場合は生理痛を引き起こすもうひとつの原因 “栄養不足”タイプです。体内の栄養物質そのものが不足しているために、子宮への供給も不足するのです。もともと体が虚弱な人、慢性病で体力が弱っている時などに起こりやすくなります。

このタイプは生理の後半に痛むことが特徴で、綿々痛といってシクシク痛みます。随伴症状として顔色が青白い、貧血気味、冷え症タイプなどが目安になります。治療には栄養物質を増やす『当帰芍薬散』が適しています。 なお、生理痛が“血液循環不良”か“栄養不足”か迷った時は、痛みの強弱と痛む時期をポイントに漢方薬を選ぶとよいでしょう。

生理痛を意識しすぎると、かえって痛みが強くなります。生理は健康のバロメーターであり長い付き合いでもあるわけで、気分転換やリラックスを心掛けることも大切です。


漢方ミニコーナー
*漢方で考える生理痛のタイプ*
<血液循環不良タイプ>
生理の前から痛む
アザやシミができやすい
顔色、唇が暗紫色
刺すような強い痛み(刺痛)

<栄養不足タイプ>
生理の後半に痛む
顔色が青白い
冷え症タイプ
シクシク痛む(綿々痛)

ページトップへ

漢方のことなら「漢方ナビ」!お近くの漢方医が探せるほか、漢方専門の先生をご紹介します。