漢方ナビ
 

人参(ニンジン) ウコギ科

使用部位 オタネニンジンの根を乾燥したもの。
特徴 ウコギ科の多年草。黄白色の小花をつけ、夏に丸い赤い実をつけます。生薬として適しているのは5〜6年以降の根です。高麗人参、朝鮮人参とも言われ、野菜のニンジンとはまったくの別物です。
作用 消化機能を助け、新陳代謝を促して活力をつける働きがあり、体力を補う目的で使われます。
メモ オタネニンジンを湯通しした後に乾燥させると赤くなります。成分の一部が失われ、穏やかに効くようになることから、これを「紅参」と言って区別します。なお、根をそのまま乾燥したオタネニンジンは白い色をしているので「白参」とあらわす場合もあります。
写真:人参
 
閉じる
Copyright © Kampo Navi All rights reserved.