漢方ナビ
 

木香(モッコウ) キク科

使用部位 インドモッコウ、またはオオグルマの根を乾燥したもの。
特徴 夏から秋にかけて黄色の花を開かせるキク科の多年草です。初冬に収穫し乾燥させた根には、芳香があり、なめると苦味があります。
作用 胃腸を温め、食欲を増進させる作用があります。
メモ モッコウの原植物は古くから、アラビアやインドなどで薬や芳香剤として使われてきました。インドやネパールの山地に野生しますが、現在では絶滅の恐れの高い植物として保護されています。
写真:木香
 
閉じる
Copyright © Kampo Navi All rights reserved.